代謝を上げて疲労回復する成分「クエン酸」とは

代謝を上げることができる成分の一つに、クエン酸があります。

クエン酸は、疲労回復効果が高い成分として知られており、代表的な食べ物に梅干しがありますが、このクエン酸には、代謝を上げる効果もあるのです。

食べ物を摂取すると、体内で吸収され、ブドウ糖に代わり、酵素やビタミンの働きによってエネルギーとなって消費されるのですが、クエン酸には、このブドウ糖を分解する働きがあります。

代謝を上げるには、脂質やたんぱく質、炭水化物を効果的に燃焼させることが大切です。
クエン酸には、脂質やたんぱく質、炭水化物を燃焼し、エネルギー変えることを促し、代謝を上げるのです。


クエン酸には、代謝を上げる効果だけでなく、疲労回復、肩こり改善、筋肉痛の改善、食欲増進、肝臓機能を高めて、肝臓病を予防・改善する効果も期待できるので、積極的に摂取することによって、健康維持に役立ちます。
クエン酸を多く含む食べ物には、柑橘類、桃、梅、パイナップル、苺、メロン、キウイフルーツなどの果実類に多く含まれていますので、食後のデザートやおやつに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、胃の調子が悪いときに摂り過ぎると症状が悪化する場合もありますので、ビタミンB類が豊富な牛乳などの乳製品を一緒にとるのがおすすめです。
代謝を上げる成分のひとつ「クエン酸」をご紹介しています。
クエン酸の様々な効果や、クエン酸が多く含まれている食べ物、クエン酸を摂取するときの注意などを掲載しています。

このページのトップに戻る