筋肉を作る「タンパク質」は代謝を上げる鍵

質の良い食生活は、健康の基本であり、食べるものによって代謝を上げ、健康維持や美容、ダイエットに効果が期待できます。

代謝を上げるには、筋肉を増やすことが大切です。
筋肉が多い人ほど、代謝量が多く、痩せやすく、太りにくい体質にすることができます。

その筋肉を作る上で欠かせないのが、タンパク質です。

タンパク質を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取することによって、筋肉を増やし基礎代謝量を上げることができるのです。

タンパク質のもとになるのがアミノ酸です。
このアミノ酸を多く含む食べ物を食べることによっても、代謝をアップすることができます。
アミノ酸の中には、脂肪燃焼アミノ酸と呼ばれるリジンやアルギニンなどがあり、それらの働きによって、脂肪燃焼酵素リパーゼを活性化させ、代謝を上げることができます。
タンパク質を多く含む食べ物には、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、白身の魚、ゆでたまご、枝豆、大豆、豆腐、豆乳などの豆類があります。

肉類も高タンパク商品食品ですが、脂肪が多いものや、カロリーが高いものが多いので、食べすぎには注意が必要です。


タンパク質は、20種類のアミノ酸によって構成されており、そのうちの9種類は、体内で合成できないので、食品から摂取する必要があります。

アミノ酸は、代謝を上げる代表的な成分であり、このアミノ酸を豊富に含む高タンパク食品を積極的に取り入れることによって、効果的に代謝をアップすることができます。
代謝を上げる成分「タンパク質」について、解説しています。
タンパク質がどのように代謝をあげるのか、タンパク質を多く含む食べ物とは何かなどをご紹介しています。

このページのトップに戻る