代謝を上げる効果のある「ビタミンB類」を含む食べ物とは

代謝を上げる成分の一つにビタミンB類があります。

ビタミンB類は、互いに助け合いながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つ働きがあります。
また、このビタミンB類を積極的に摂取することによって、エネルギーの補給を助け、代謝を上げる効果もあります。

ビタミンB類は、たんぱく質や炭水化物、脂質の代謝に欠かせない成分で、代謝を上げるためには、ビタミンB類を積極的に摂取する必要があります。

では、どのような食べ物にこのビタミンB類は含まれているのでしょうか。


まず、末梢神経を正常に保つビタミンB1を多く含む食べ物は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類などです。
ビタミンB2を多く含むのは、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類などで、ビタミンB6を多く含むのが、かつおやマグロなどの魚類、レバー、肉類、ビタミンB12を多く含むのが、魚介類やレバーなどです。

ビタミンB2には、健康な肌や髪の生成を促し、粘膜を保護する働きがありますし、ビタミンB6には、脂質の代謝を良くする働きがあります。

また、ビタミンB12には、神経細胞を正常に保つ働きがあり、いずれのビタミンBも、健康維持や美容などに欠かせない成分です。

その他にも、ウナギや納豆などの大豆製品、青魚にも豊富にビタミンB類が含まれていますので、それらを積極的に食生活に取り入れて、効果的に代謝を上げましょう。

代謝を上げることによって、痩せやすく、太りにくい体質になりますし、体内の不要な老廃物などを排出し、健康維持や美容にも効果がありますので、意識して摂取するようにしましょう。
代謝を上げるために効果的な成分「ビタミンB類」をご紹介しています。
そして、ビタミンB類がどんな食べ物に含まれているのかもあわせてご紹介しています。

このページのトップに戻る