代謝を上げる「無酸素運動」とは?

無酸素運動という言葉を聞いたことがありますか?

ダイエットや健康維持に興味がある方にとって、ウォーキングや水泳のような有酸素運動はなじみがあると思いますが、無酸素運動という言葉は、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?

運動の強さをどんどん増して限度を超えた状態になった場合に、肺から取り込んだ酸素の供給だけでは追い付かなくなり、無酸素下でエネルギーを作る状態に変わります。
この状態で行われる運動を無酸素運動と言い、重量挙げや腕立て伏せ、短距離の全力疾走などがこれに当たります。

一般的に代謝を上げるためには、有酸素運動をするのが効果的だと言われていますが、無酸素運動の中にも、代謝を上げるために効果的な運動があります。
それは、「筋トレ」です。

基礎代謝の高い低いは、筋肉の量に比例します。
筋肉量が多いほど、代謝が高く、エネルギーを消費するのです。
この筋肉を効果的につけることができるのが、「筋トレ」です。

筋肉は、基礎代謝の消費エネルギーの中で、最もエネルギー消費量が多いので、この筋肉をいかにつけるかが、代謝アップのカギとなるのです。
「筋トレ」によって筋肉をつけることによって、代謝をアップし、太りにくい体質へと変化させていきます。
筋肉をつける際に、脂肪を燃焼し、体を引き締めるので、スリムな体型も同時に得ることができます。

「筋トレ」には、マシンを使って行うものや腕立て伏せなどがありますが、私のおすすめは、ダンベル体操です。
可変式のダンベルを使えば、自宅で簡単にすることができます。


無酸素運動の中には、体に負担をかけるものや、長続きできないほど激しいものもありますので、くれぐれも無理のない範囲で、自分に合った方法で行うようにしてください。

「代謝アップは1日にして成らず」です。
毎日継続して行うようにしましょう。
代謝を上げる効果的な運動のひとつ、「無酸素運動」をご紹介しています。
無酸素運動の中でも特におすすめな「筋トレ」で、代謝をアップする方法をご紹介!

このページのトップに戻る