脂肪を落として筋肉をつける「加圧トレーニング」で代謝をアップ

「加圧トレーニング」をご存知でしょうか?

有名芸能人も実践していることでも有名な「加圧トレーニング」は、加圧バンドをつけて運動をする方法です。
筋肉をつけながら代謝を上げることができ、ダイエット効果や冷え性改善、腰痛改善などの効果が期待できます。

筋肉をつけるといっても、脂肪を落としながら筋肉を徐々につけていくので、マッチョのような筋肉ムキムキになる心配はほとんどありませんので、女性にもおすすめの運動です。

では、「加圧トレーニング」を具体的にご紹介しましょう。


「加圧トレーニング」は、腕や脚の付け根を専用ベルトで締め付けて加圧し、血流量を適切制限した状態で行うトレーニング法です。
血流量を制限することによって、上肢、あるいは下肢に血液をためてトレーニングすることによって、上下肢内の乳酸濃度が高まります。
トレーニング後に専用ベルトをはずすと、たまっていた乳酸が体内に流れ、成長ホルモンが分泌されるので、代謝を促します。

また、加圧によって、血液の循環が制御・抑制される事によって、筋肉がつきやすくなります。
このことによって、脂肪を筋肉に変え、体脂肪を落とすので、ダイエット効果が期待できるのです。

代謝を上げるためには、筋肉を増やすことが必要なのですが、「加圧トレーニング」を行うことによって、効果的に筋肉を増やすことができるのです。


「加圧トレーニング」は、プロの指導のもとで行うことが望ましいのですが、必要な道具などは少なくて済みますし、自宅でできるものもあります。
いずれにせよ、適切な方法で行うようにしましょう。
代謝を効率的に上げる運動のひとつ「加圧トレーニング」をご紹介しています。
「加圧トレーニング」は、有名人も続々やり始めている、注目のトレーニングです。

このページのトップに戻る